インフルエンザにハウスの乳酸菌は効く?

インフルエンザにハウスの乳酸菌は効く?

冬になると、予防接種など、インフルエンザ対策に悪戦苦闘するのが、毎年恒例になっています。
小さなお子様や高齢者のおられるご家庭、学校や会社など集団生活を行う方も、周囲に配慮しなければなりません。
また、予防接種をしても、かかってしまう場合もあるため、心配は尽きません。
インフルエンザウィルスを避けることは困難ですが、自分自身の免疫能力を高め、ウィルスを撃退することが、一番良い方法かも知れません。
それには、規則正しい健康的な生活と、ストレスを溜めすぎないこと、さらには、摂取する食事も重要です。

 

インフルエンザ予防に有効だと言われているものの代表に、乳酸菌があります。
乳酸菌は、本来人間に備わっている、免疫力を活性化させる作用があることがわかっており、注目されています。
その中でも、ハウスの乳酸菌、R−137は、他の乳酸菌よりも、格段に免疫活性化力が強いのです。
これは、R-137乳酸菌が作り出す、インターフェロン・ベータという物質が、ウィルスを撃退するうえで、大変大きな役割を果たしていると考えられてるためです。

 

また、乳酸菌は、そもそも整腸作用に優れています。腸の健康は、体全体の健康とイコールです。
健康な体があれば、インフルエンザウィルスにさらされることは、それほど恐れることではないということがわかります。
日々の健康的な生活と、乳酸菌摂取で、冬を乗り切ることができるでしょう。